ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

本当の病人…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

入院患者さんの何人かが言っておられた言葉…

【本当の病人になりたぁないわ…】です

入院患者さんをある目線で眺めていると 2種類の人間性にわかれます…

それは

【身だしなみ】の有無です

入院していると 普段している化粧はもちろんできない

当たり前ですよね

でも

筯歯磨き

筯洗顔

筯整髪

筯髭反り

筯爪切り

筯洗濯

と身の回り でするべきことはいくつかできるはずです

入院されてるくらいやから しんどくてできないのは 誰もが承知のこと…

でも最低限の身だしなみをしておかないと…なるんです

【本当の病人に】

とくに他人から目立つのは…

筯髪をとく(整髪)

筯髭反り だろう

入院生活にメリハリは無い

お風呂にもろくに入れない

(シャワーは可能)

活気でるご飯は無い

筯歯磨きも可能

筯洗顔も可能

筯爪切りも可能

部屋には それぞれ鏡が備わっています

それをうまく使い ちょっとでも活気ある時間を過ごすことに使って欲しいと思います

筯クシで髪をとくこと…

これは本当に大切やと思います

同じ病人でも 髪をとこうとする人は…

少しでも身だしなみを考えてるだろうし 本当の病人になりたくないのだろう 

【病人らしくない活気ある時間を過ごして欲しい】

【廊下を歩く際にも】背筋をしっかり伸ばして 病人らしくない歩き方をして欲しい

と思います…

まずは…

【身だしなみ】です