ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

唄いたいから…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

先日、無呼吸症候群の夜勤をしていたときの話…

【唄いたいから…】 それが加湿器つける理由でした

【筯筯さん、前回の検査入院はお疲れ様でした】

【大変でしたね】

【いえ、こちらこそ今日もお世話になります】

【ところで今日は鼻の通りはいいか】

【うん、悪くないです】

(筯筯さんは70歳代の女性患者)

夜間の検査時は加湿器なしで実施…

無事に無呼吸の数は激減しました

翌朝…

【なんかすっきりしてませんか】

【今は緊張緊張で…よくわかりません】

【すっきりいてると言われれば…そうかも】

【機器はしばらく自宅で使用して様子みてくださいね】

【私への連絡先…ここに記載してますので、何かあれば連絡ください】

【ありがとうございます】

【ところで加湿器はどうします?】

【よくわかりませんが…私歌を唄うんで喉の調子は大切にしてます】

【加湿器つけててもよろしいですか】

【わかりました。加湿器も準備しときますね】

【ありがとうございます】

そんな会話をしていました

普段は 喉の渇き→喉の痛み→風邪→悪化→肺炎と考えますが

唄うんで…か

また新たな選択肢やな…

メモっとこ…

お疲れ様でした

機器をうまく利用して 日中 元気になられてくださいね…