ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

目をそむける…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

採血場でよく感じることがある

【目をそむける】ということ

これは男性患者さんなら 採血時100%間違いなく 【怖い】とのことで【目をそむけ】ます

女性は【怖い】もあるだろうけど 半分以上の方が 採血時刺すとこを見ている感じがします

【何をされるか】【ちゃんと刺すか】しっかり見ているのだろう

採血時の会話の中で そんな話をよくします

男性の皆さんは 【本当に…】とか【俺は絶対見れない】とかびっくりされます…

男性患者さんに話を聞くと…自分の?【血を】見るのが嫌だと言う

女性患者さんの大半は【慣れたわ】という人がいる

女性の年齢は 学生ら若い年齢層の方は まず怖くて見ない…

怖がる…

悲鳴をあげる…

泣く…さまざま

出産を経験された方らは 【もう慣れたわ】間違いなく見ている人が多い印象です

別に統計とってるわけではないけど

いろんなこと考えると…面白いです

少しでも話しかけてる間に採血をすます

針を刺す一瞬だけ 気を反らすだけでいいので…

よく【えっ?もう刺したんですか】って言われます

人は採血テーブルに座り 腕をだし 注射器などを準備する

そして刺す…

刺されると…胸のドキドキは少し治まっていく

つまり 刺すまでをいかに 速やかにするか…が課題だろう

その間は 何気に話しかけていく

あくまでも【気を】反らすために…

私も採血されるのは本当に怖いです